コモンズは、環境・アジア・農・食・自治などをテーマに暮らしを見直す、わかりやすく質の高いメッセージを伝える新しい出版社です。
 
コモンズのホームページトップへ戻る
ご注文のご案内のページへ
コモンズオンラインのトップへ戻る より道のページへ
 

2014年
●14年12月
<取次>
1.『徹底解剖 国家戦略特区』(浜矩子ほか著、14年11月)
2.『震災復興が語る農山村再生』稲垣文彦ほか著、14年10月)
3.『第4次情報革命と新しいネット社会』蒲生猛、14年11月)
4.『農業は脳業である』(古野隆雄、14年10月)
5.『あなたを守る子宮内膜症の本』(日本子宮内膜症協会、00年10月、11刷)
<直接注文>
1.『震災復興が語る農山村再生』稲垣文彦ほか著、14年10月)
2.『食べものとエネルギーの自産自消』 (長谷川浩、13年3月)
3.『徹底解剖 国家戦略特区』(浜矩子ほか著、14年11月)
4.『いつかロロサエの森で』(南風島渉、00年8月、3刷)
5.『地域自給のネットワーク』(井口隆史・桝潟俊子編著、13年8月)

●14年11月
<取次>
1.『徹底解剖 国家戦略特区』(浜矩子ほか著、14年11月)
2.『第4次情報革命と新しいネット社会』蒲生猛、14年11月)
3.『震災復興が語る農山村再生』稲垣文彦ほか著、14年10月)
4.『「幸福の国」と呼ばれて』(キンレイ・ドルジ著、真崎克彦/菊地めぐみ訳、14年7月)
5.『農業は脳業である』(古野隆雄、14年10月)
<直接注文>
1.『徹底解剖 国家戦略特区』(浜矩子ほか著、14年11月)
2.『震災復興が語る農山村再生』稲垣文彦ほか著、14年10月)
3『「幸福の国」と呼ばれて』(キンレイ・ドルジ著、真崎克彦/菊地めぐみ訳、14年7月)
4.『土の匂いの子』(相川明子編著、08年4月、2刷)
5.『都会の百姓です。よろしく』(白石好孝、01年7月、3刷)

●14年10月
<取次>
1.『農業は脳業である』(古野隆雄、14年10月)
2.『震災復興が語る農山村再生』稲垣文彦ほか著、14年10月)
3.『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
4.『脱成長の道』(勝俣誠/マルク・アンベール編著、11年5月)
5.『自家菜園のあるレストラン』(中島茂信、14年4月)
<直接注文>
1.『震災復興が語る農山村再生』稲垣文彦ほか著、14年10月)
2.『食材選びからわかる おうちごはん』(近藤惠津子、13年10月)
3.『農業は脳業である』(古野隆雄、14年10月)
4.『徹底解剖 国家戦略特区』(浜矩子ほか著、14年11月)
5.『土の匂いの子』(相川明子編著、08年4月、2刷)

●14年9月
<取次>
1.『中国人は「反日」なのか』(松本忠之、14年6月)
2.『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
3.『あなたを守る子宮内膜症の本』(日本子宮内膜症協会、00年10月、11刷)
4.『ぼくが百姓になった理由<わけ>』(浅見彰宏、12年11月)
5.『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
<直接注文>
1.『有機農業の技術と考え方』 (中島紀一・金子美登・西村和雄編著、10年7月、2刷)
2.『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
3.『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
4.『幸せな牛からおいしい牛乳』(中洞正、07年3月)
5.『原発も温暖化もない未来を創る』(平田仁子、12年8月)

●14年8月
<取次>
1.『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)
2.『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
3.『自家菜園のあるレストラン』(中島茂信、14年4月)
4.『ミャンマー・ルネッサンス』(根本悦子、工藤年博編著、13年4月)
5.『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
<直接注文>
1.『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)
2.『「幸福の国」と呼ばれて』(キンレイ・ドルジ著、真崎克彦/菊地めぐみ訳、14年7月)
3.『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
4.『農家女性の社会学』(理恵子、07年)
5.『放射能に克つ農の営み』(菅野正寿・長谷川浩編著、12年3月、2刷)

●14年7月
<取次>
1.『「幸福の国」と呼ばれて』(キンレイ・ドルジ著、真崎克彦/菊地めぐみ訳、14年7月)
2.『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
3.『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
4.『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)
5.『日本軍に棄てられた少女たち【増補改訂版】』(プラムディヤ・アナンタ・トゥール著、山田道隆訳、13年12月)
<直接注文>
1.『暮らし目線のエネルギーシフト』 (キタハラ マドカ、13年11月)
2.『お金のプロがすすめるお金上手な生き方』(内藤眞弓、12年7月)
3.『おいしい江戸ごはん』 (江原絢子・近藤惠津子、11年11月)
4.『幸せな牛からおいしい牛乳』(中洞正、2007年3月)
5.『日本軍に棄てられた少女たち【増補改訂版】』(プラムディヤ・アナンタ・トゥール著、山田道隆訳、13年12月)

●14年6月
<取次>
1.『中国人は「反日」なのか』(松本忠之、14年6月)
2.『竹島とナショナリズム』(姜誠、13年6月)
3.『ミャンマー・ルネッサンス』(根本悦子、工藤年博編著、13年4月)
4.『韓式B級グルメ大全〈ガイド〉』(佐藤行衛、13年10月)
5.『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
<直接注文>
1.『農と言える日本人』(野中昌法、14年4月)
2.『暮らし目線のエネルギーシフト』 (キタハラ マドカ、13年11月)
3.『原発事故と農の復興』(小出裕章/明峯哲夫/中島紀一/菅野正寿、13年3月)
4.『おいしい江戸ごはん』 (江原絢子・近藤惠津子、11年11月)
5.『地産地消と学校給食』(安井孝、10年3月、2刷)

●14年5月
1. 『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
2. 『地域自給のネットワーク』(井口隆史・桝潟俊子編著、13年8月)
3. 『あなたを守る子宮内膜症の本』(日本子宮内膜症協会、00年10月、11刷)
4. 『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)
5. 『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
<直接注文>
1. 『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
2. 『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
3. 『有機農業の技術と考え方』 (中島紀一・金子美登・西村和雄編著、10年7月、2刷)
4. 『おいしい江戸ごはん』 (江原絢子・近藤惠津子、11年11月)
5. 『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)

●14年4月
<取次>
1.『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
2.『農と言える日本人』(野中昌法、14年4月)
3.『自家菜園のあるレストラン』(中島茂信、14年4月)
4.『協同で仕事をおこす―社会を変える生き方・働き方』(広井良典編著、11年11月、2刷)
5.『ぼくが百姓になった理由<わけ>』(浅見彰宏、12年11月)
<直接注文>
1.『農と言える日本人』(野中昌法、14年4月)
2.『自家菜園のあるレストラン』(中島茂信、14年4月)
3.『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月)
4.『教育農場の四季』(澤登早苗、05年5月、2刷)
5.『暮らし目線のエネルギーシフト』 (キタハラ マドカ、13年11月)


●14年3月
<取次>
1. 『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
2. 『地域自給のネットワーク』(井口隆史・桝潟俊子編著、13年8月)
3. 『あなたを守る子宮内膜症の本』(日本子宮内膜症協会、00年10月、11刷)
4. 『写真と絵で見る北朝鮮現代史』(金聖甫/奇光舒/李信K 著、10年12月)
5. 『脱成長の道』(勝俣誠/マルク・アンベール編著、11年5月)
<直接注文>
1. 『食材選びからわかる おうちごはん』(近藤惠津子、13年10月)
2. 『本気で5アンペア』(斎藤健一郎、14年3月)
3. 『有機農業の技術と考え方』 (中島紀一・金子美登・西村和雄編著、10年7月、2刷)
4. 『おいしい江戸ごはん』 (江原絢子・近藤惠津子、11年11月)
5. 『ごはん屋さんの野菜いっぱい和みレシピ』 (米原陽子、07年5月、5刷)

●14年2月
<取次>
1. 『暮らし目線のエネルギーシフト』 (キタハラ マドカ、13年11月)
2. 『乾物EveryDay』 (サカイ優佳子・田平恵美、12年5月)
3. 『協同で仕事をおこす―社会を変える生き方・働き方』(広井良典編著、11年11月、2刷)
4. 『おいしい江戸ごはん』 (江原絢子・近藤惠津子、11年11月)
5. 『花粉症がラクになる』(赤城智美・吉村史郎、11年1月、2刷)
<直接注文>
1. 『食材選びからわかる おうちごはん』(近藤惠津子、13年10月)
2. 『いつかロロサエの森で』(南風島渉、00年8月、3刷)
3. 『おいしい江戸ごはん』 (江原絢子・近藤惠津子、11年11月)
4. 『有機農業の技術と考え方』 (中島紀一・金子美登・西村和雄編著、10年7月、2刷)
5. 『ごはん屋さんの野菜いっぱい和みレシピ』 (米原陽子、07年5月、5刷)

●14年1月
<取次>
1. 『おいしい江戸ごはん』 (江原絢子・近藤惠津子、11年11月)
2. 『乾物EveryDay』 (サカイ優佳子・田平恵美、12年5月)
3. 『原発事故と農の復興』(小出裕章/明峯哲夫/中島紀一/菅野正寿、13年3月)
4. 『地域自給のネットワーク』(井口隆史・桝潟俊子編著、13年8月)
5. 『日本軍に棄てられた少女たち【増補改訂版】』(プラムディヤ・アナンタ・トゥール著、山田道隆訳、13年12月)
<直接注文>
1. 『土の匂いの子』(相川明子編著、08年4月、2刷)
2. 『韓式B級グルメ大全〈ガイド〉』(佐藤行衛、13年10月)
3. 『いつかロロサエの森で』(南風島渉、00年8月、3刷)
4. 『ぼくが百姓になった理由<わけ>』(浅見彰宏、12年11月)
5. 『地産地消と学校給食』(安井孝、10年3月、2刷)


2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 
2010年
  2011年   2012年   2013年                          


 
会社案内  スタッフ紹介  メールでのお問い合わせ