コモンズは、環境・アジア・農・食・自治などをテーマに暮らしを見直す、わかりやすく質の高いメッセージを伝える新しい出版社です。
 
コモンズのホームページトップへ戻る
ご注文のご案内のページへ
コモンズオンラインのトップへ戻る より道のページへ
 

2016年
●2016年12月
<取次からの注文>
1. 『百姓が書いた 有機・無農薬栽培ガイド』(大内信一、16年11月)
2. 『21世紀の豊かさ』(中野佳裕(編・訳)、ジャン=ルイ・ラヴィル/ ホセ・ルイス・コラッジオ(編) 、16年10月)
3. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
4. 『「走る原発」エコカー』(上岡直見、15年7月)
5. 『旅とオーガニックと幸せと』(星野紀代子、16年8月)

<直接注文>
1. 『百姓が書いた 有機・無農薬栽培ガイド』(大内信一、16年11月)
2. 『『半農半Xの種を播く』(塩見直紀と種まき大作戦、07年11月、5刷)
3. 『ごはん屋さんの野菜いっぱい和みレシピ』 (米原陽子、07年5月、5刷)
4. 『旅とオーガニックと幸せと』(星野紀代子、16年8月)
5. 『超エコ生活モード』(小林孝信、11年9月)

●2016年11月
<取次からの注文>
1. 『旅とオーガニックと幸せと』(星野紀代子、16年8月)
2. 『百姓が書いた 有機・無農薬栽培ガイド』(大内信一、16年11月)
3. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
4. 『21世紀の豊かさ』(中野佳裕(編・訳)、ジャン=ルイ・ラヴィル/ ホセ・ルイス・コラッジオ(編) 、16年10月)
5. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム』(海妻径子、16年5月)

<直接注文>
1. 『百姓が書いた 有機・無農薬栽培ガイド』 (大内信一、16年11月)
2. 『明峯哲夫著作集 生命〈いのち〉を紡ぐ農の技術〈わざ〉』(明峯哲夫、16年6月)
3. 『戦国の情報ネットワーク』(蒲生猛、15年12月)
4. 『第4次情報革命と新しいネット社会』(蒲生猛、14年11月)
5. 『おいしい江戸ごはん』(江原絢子・近藤惠津子著、永野佳世写真、11年11月)

●2016年10月
<取次からの注文>
1. 『21世紀の豊かさ』(中野佳裕(編・訳)、ジャン=ルイ・ラヴィル/ ホセ・ルイス・コラッジオ(編) 、16年10月)
2. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
3. 『旅とオーガニックと幸せと』(星野紀代子、16年8月)
4. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム』(海妻径子、16年5月)
5. 『脱成長の道』(勝俣誠、マルク・アンベール編、11年5月)

<直接注文>
1. 『市民の力で立憲民主主義を創る』大河原雅子×杉田敦・中野晃一・大江正章、16年3月)
2. 『21世紀の豊かさ』(中野佳裕 編・訳、ジャン=ルイ・ラヴィル/ ホセ・ルイス・コラッジオ編 、16年10月)
3. 『耕して育つ』 (石田周一、05年5月)
4. 『農業は脳業である』 (古野隆雄、14年10月)
5. 『ぼくが百姓になった理由<わけ>』(浅見彰宏、12年11月)

●2016年9月
<取次からの注文>
1. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
2. 『「走る原発」エコカー』(上岡直見、15年7月)
3. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム』(海妻径子、16年5月)
4. 『あなたを守る子宮内膜症の本』(日本子宮内膜症協会、00年10月、12刷)
5. 『有機農業・自然農法の技術』(明峯哲夫、15年2月、2刷)

<直接注文>
1. 『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月、2刷)
2. 『土の匂いの子』(相川明子編著、08年4月、2刷)
3. 『「幸福の国」と呼ばれて』(キンレイ・ドルジ著、真崎勝彦、菊池めぐみ訳、14年7月)
4. 『おいしい江戸ごはん』(江原絢子・近藤惠津子著、永野佳世写真、11年11月)
5. 『食材選びからわかる おうちごはん』(近藤惠津子、13年10月)

●2016年8月
<取次>
1. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
2. 『旅とオーガニックと幸せと』(星野紀代子、16年8月)
3. 『「走る原発」エコカー』(上岡直見、15年7月)
4. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム』(海妻径子、16年5月)
5. 『明峯哲夫著作集 生命〈いのち〉を紡ぐ農の技術〈わざ〉』(明峯哲夫、16年6月)

<直接注文>
1. 『旅とオーガニックと幸せと』(星野紀代子、16年8月)
2. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
3. 『明峯哲夫著作集 生命〈いのち〉を紡ぐ農の技術〈わざ〉』(明峯哲夫、16年6月)
4. 『有機農業の技術と考え方』 (中島紀一・金子美登・西村和雄編著、10年7月、3刷)
5. 『海境を越える人びと』(村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子編著、16年5月)

●16年7月
<取次>
1. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
2. 『おいしい江戸ごはん』(江原絢子・近藤惠津子著、永野佳世写真、11年11月)
3. 『明峯哲夫著作集 生命〈いのち〉を紡ぐ農の技術〈わざ〉』(明峯哲夫、16年6月)
4. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム』(海妻径子、16年5月)
5. 『海境を越える人びと』(村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子編著、16年5月)

<直接注文>
1. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
2. 『地産地消と学校給食』 (安井孝、10年3月、2刷)
3. 『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)
4. 『農業聖典』(アルバート・ハワード著、保田茂監訳・魚住道郎解説、03年3月)
5. 『放射能に克つ農の営み』(菅野正寿・長谷川浩編著、12年3月、2刷)

●16年6月
<取次>
1. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
2. 『ミャンマー・ルネッサンス』(根本悦子、工藤年博編著、13年4月)
3. 『ぼくが歩いた東南アジア』(村井吉敬、09年4月、2刷)
4. 『明峯哲夫著作集 生命〈いのち〉を紡ぐ農の技術〈わざ〉』(明峯哲夫、16年6月)
5. 『海境を越える人びと』(村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子編著、16年5月)

<直接注文>
1. 『明峯哲夫著作集 生命〈いのち〉を紡ぐ農の技術〈わざ〉』(明峯哲夫、16年6月)
2. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
3. 『幸せな牛からおいしい牛乳』(中洞正、2007年3月)
4. 『海境を越える人びと』(村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子編著、16年5月)
5. 『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)


●16年5月
<取次>
1. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
2. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム』(海妻径子、16年5月)
3. 『海境を越える人びと』(村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子編著、16年5月)
4. 『タイで学んだ女子大生たち』堀 芳枝・波多 真友子・ ほか編、16年3月)
5. 『あなたを守る子宮内膜症の本』(日本子宮内膜症協会、00年10月、12刷)

<直接注文>
1. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム』(海妻径子、16年5月)
2. 『海境を越える人びと』(村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子編著、16年5月)
3. 『タイで学んだ女子大生たち』堀 芳枝・波多 真友子・ ほか編、16年3月)
4. 『エクセルギーハウスをつくろう』(黒岩哲彦、14年5月、2刷)
5. 『明峯哲夫著作集 生命〈いのち〉を紡ぐ農の技術〈わざ〉』(明峯哲夫、16年6月)

●16年4月
<取次>
1. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
2. 『学生のためのピース・ノート2』(堀芳枝編著、15年4月)
3. 『タイで学んだ女子大生たち』堀 芳枝・波多 真友子・ ほか編、16年3月)
4. 『場の力、人の力、農の力。』茨木泰貴・井野博満・湯浅欣史編、15年11月)
5. 『市民の力で立憲民主主義を創る』大河原雅子×杉田敦・中野晃一・大江正章、16年3月)

<直接注文>
1. 『タイで学んだ女子大生たち』堀 芳枝・波多 真友子・ ほか編、16年3月)
2. 『海境を越える人びと』(村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子編著、16年5月)
3. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、16年4月)
4. 『乾物EveryDay』 (サカイ優佳子・田平恵美、12年5月)
5. 『暮らし目線のエネルギーシフト』 (キタハラ マドカ、13年11月)

●16年3月
<取次>
1.『学生のためのピース・ノート2』(堀芳枝編著、15年4月)
2.『地域自給のネットワーク』(井口隆史・桝潟俊子編著、13年8月)
3.『有機農業・自然農法の技術』(明峯哲夫、15年2月、2刷)
4.『写真と絵で見る北朝鮮現代史』(金聖甫/奇光舒/李信K 著、10年12月)
5.『有機農業の技術と考え方』 (中島紀一・金子美登・西村和雄編著、10年7月、3刷)

<直接注文>
1. 『市民の力で立憲民主主義を創る』大河原雅子×杉田敦・中野晃一・大江正章、16年3月)
2. 『タイで学んだ女子大生たち』堀 芳枝・波多 真友子・ ほか編、16年3月)
3. 『血と涙のナガランド』カカ・D・イラル著木村真希子・南風島渉訳、11年9月)
4. 『ぼくが百姓になった理由<わけ>』(浅見彰宏、12年11月)
5. 『土の匂いの子』(相川明子編著、08年4月、2刷)

●16年2月
<取次からの注文>
1. 『乾物EveryDay』 (サカイ優佳子・田平恵美、12年5月)
2. 『戦国の情報ネットワーク』(蒲生猛、15年12月)
3. 『「走る原発」エコカー』(上岡直見、15年7月)
4. 『農と言える日本人』 (野中昌法、14年4月)
5. 『土の匂いの子』(相川明子編著、08年4月、2刷)

(直接注文の掲載なし)

●16年1月
<取次>
1. 『戦国の情報ネットワーク』(蒲生猛、15年12月)
2. 『「走る原発」エコカー』(上岡直見、15年7月)
3. 『有機農業・自然農法の技術』(明峯哲夫、15年2月、2刷)
4. 『あなたを守る子宮内膜症の本』(日本子宮内膜症協会、00年10月、12刷)
5. 『乾物EveryDay』 (サカイ優佳子・田平恵美、12年5月)

<直接注文>
1. 『「走る原発」エコカー』(上岡直見、15年7月)
2. 『半農半Xの種を播く』(塩見直紀と種まき大作戦、07年11月、5刷)
3. 『アジアに架ける橋』(新石正弘、09年6月)
4. 『第4次情報革命と新しいネット社会』(蒲生猛、14年11月)
5. 『いつかロロサエの森で』(南風島渉、00年8月、3刷)



2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 
2010年
  2011年   2012年   2013年  2014年
 2015年                   


 
会社案内  スタッフ紹介  メールでのお問い合わせ