コモンズは、環境・アジア・農・食・自治などをテーマに暮らしを見直す、わかりやすく質の高いメッセージを伝える新しい出版社です。
 
コモンズのホームページトップへ戻る
ご注文のご案内のページへ
コモンズオンラインのトップへ戻る より道のページへ
 

2018年
● 2018年8月
<取次からの注文>
1. 『ごみ収集という仕事――清掃車に乗って考えた地方自治』 (藤井誠一郎、2018年6月)
2. 『学生のためのピース・ノート2』(堀芳枝 編著、2015年4月)
3. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
4. 『幸せのマニフェスト――消費社会から関係の豊かな社会へ』(ステファーノ・バルトリーニ 著、中野佳裕 訳、2018年8月)
5. 『カタツムリの知恵と脱成長――貧しさと豊かさについての変奏曲』(中野佳裕、2017年12月)

<直接注文>
1. 『ごみ収集という仕事――清掃車に乗って考えた地方自治』 (藤井誠一郎、2018年6月)
2. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
3. 『農と土のある暮らしを次世代へ――原発事故からの農村の再生(有機農業選書7)』(菅野正寿・原田直樹 編著、2018年7月)
4. 『カタツムリの知恵と脱成長――貧しさと豊かさについての変奏曲』(中野佳裕、2017年12月)
5. 『幸せのマニフェスト――消費社会から関係の豊かな社会へ』(ステファーノ・バルトリーニ 著、中野佳裕 訳、2018年8月)

● 2018年7月
<取次からの注文>
1. 『ごみ収集という仕事――清掃車に乗って考えた地方自治』 (藤井誠一郎、2018年6月)
2. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
3. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
4. 『居酒屋おやじがタイで平和を考える』(松尾康範、2018年7月)
5. 『カタツムリの知恵と脱成長――貧しさと豊かさについての変奏曲』(中野佳裕、2017年12月)

<直接注文>
1. 『農と土のある暮らしを次世代――原発事故からの農村の再生(有機農業選書7)』 (菅野正寿・原田直樹 編著、2018年7月)
2. 『居酒屋おやじがタイで平和を考える』(松尾康範、2018年7月)
3. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
4. 『ごみ収集という仕事――清掃車に乗って考えた地方自治』(藤井誠一郎、2018年6月)
5. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌 編著、2017年12月)

● 2018年6月
<取次からの注文>
1. 『ごみ収集という仕事――清掃車に乗って考えた地方自治』 (藤井誠一郎、2018年6月)
2. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
3. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌 編著、2017年12月)
4. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
5. 『はじめての韓方―体も心もスッキリ』(キム・ソヒョン著、イム・チュヒ訳、2009年11月)

<直接注文>
1. 『ごみ収集という仕事――清掃車に乗って考えた地方自治』 (藤井誠一郎、2018年6月)
2. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
3. 『徹底解剖自衛隊のヒト・カネ・組織』(福好昌治、2017年2月)
4. 『ゆらぐ親密圏とフェミニズム――グローバル時代のケア・労働・アイデンティティ』(海妻径子、2016年5月)
5. 『いつかロロサエの森で―東ティモール・ゼロからの出発』(南風島 渉、2000年9月)

● 2018年5月
<取次からの注文>
1. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』 (高橋巌 編著、2017年12月)
2. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
3. 『種子が消えれば、あなたも消える ――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
4. 『沖縄・素潜り漁師の社会誌――サンゴ礁資源利用と島嶼コミュニティの生存基盤』(高橋そよ、2018年4月)
5. 『自由貿易は私たちを幸せにするのか?』(上村雄彦、首藤信彦、2017年2月)

<直接注文>
1. 『ごみ収集という仕事――清掃車に乗って考えた地方自治』 (藤井誠一郎、2018年6月)
2. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌 編著、2017年12月)
3. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』(白石孝 編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
4. 『いつかロロサエの森で――東ティモール・ゼロからの出発』(南風島渉、2000年9月)
5. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、2016年4月)

● 2018年4月
<取次からの注文>
1. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』 (白石孝編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
2. 『学生のためのピースノート2』(堀芳枝 編著、2015年4月)
3. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
4. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌編著、2017年12月)
5. 『自由貿易は私たちを幸せにするのか?』(上村雄彦、首藤信彦、17年2月)

<直接注文>
1. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』 (白石孝編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
2. 『学生のためのピースノート2』(堀芳枝 編著、2015年4月)
3. 『新・贈与論――お金との付き合い方で社会が変わる!』(林 公則、2017年9月)
3. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
4. 『幸せな牛からおいしい牛乳』(中洞正、2007年3月)
5. 『沖縄・素潜り漁師の社会誌――サンゴ礁資源利用と島嶼コミュニティの生存基盤』(高橋そよ、2018年4月)

● 2018年3月
<取次からの注文>
1. 『カタツムリの知恵と脱成長――貧しさと豊かさについての変奏曲』(中野佳裕、2017年12月)
2. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌編著、2017年12月)
3. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
4. 『学生のためのピース・ノート2』(堀芳枝 編著、2015年4月)
5. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、2016年4月)

<直接注文>
1. 『ソウルの市民民主主義――日本の政治を変えるために』 (白石孝編、朴元淳・白石孝ほか著、2018年3月)
2. 『沖縄・素潜り漁師の社会誌――サンゴ礁資源利用と島嶼コミュニティの生存基盤』(高橋そよ、2018年4月)
3. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
4. 『新・贈与論――お金との付き合い方で社会が変わる!』 (林 公則、2017年9月)
5. 『共生主義宣言――経済成長なき時代をどう生きるか』(西川潤/マルク・アンベール編、2017年4月)

● 2018年2月
<取次からの注文>
1. 『清流に殉じた漁協組合長』(相川俊英、2018年1月)
2. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
3. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌編著、2017年12月)
4. 『学生のためのピース・ノート2』(堀芳枝 編著、2015年4月)
5. 『カタツムリの知恵と脱成長――貧しさと豊かさについての変奏曲』(中野佳裕、2017年12月)

<直接注文>
1. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』 (西川芳昭、2017年9月)
2. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌編著、2017年12月)
3. 『いつかロロサエの森で−東ティモール・ゼロからの出発』(南風島渉、00年9月)
4. 『海境を越える人びと――真珠とナマコとアラフラ海』 (村井吉敬・内海愛子・飯笹佐代子 編著、2016年5月)
5. 『新しい公共と自治の現場』(寄本勝美・小原隆治編、2011年2月)

● 2018年1月
<取次からの注文>
1. 『カタツムリの知恵と脱成長――貧しさと豊かさについての変奏曲』(中野佳裕、2017年12月)
2. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』(西川芳昭、2017年9月)
3. 『地域を支える農協――協同のセーフティネットを創る』(高橋巌編著、2017年12月)
4. 『新・贈与論――お金との付き合い方で社会が変わる!』(林 公則、2017年9月)
5. 『ファストファッションはなぜ安い?』(伊藤和子、2016年4月)

<直接注文>
1. 『種子が消えればあなたも消える――共有か独占か』 (西川芳昭、2017年9)
2. 『いつかロロサエの森で――東ティモール・ゼロからの出発』(南風島渉、00年9月)
3. 『百姓が書いた 有機・無農薬栽培ガイド』(大内信一、16年11月、2刷)
4. 『アジアに架ける橋―ミャンマーで活躍するNGO―』 (新石正弘、09年6月)
5. 『カタツムリの知恵と脱成長――貧しさと豊かさについての変奏曲』(中野佳裕、2017年12月)


2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 
2010年
  2011年   2012年   2013年  2014年
 2015年  2016年  2017年                


 
会社案内  スタッフ紹介  メールでのお問い合わせ