ごみ収集という仕事
――清掃車に乗って考えた地方自治


藤井誠一郎
四六判/264ページ/本体2200円+税/2018年6月

ISBN 978-4861871504

コモンズで本を買う
 
注文数
 
アマゾンで本を買う

若手研究者が新宿区内で9カ月間にわたって清掃現場で収集などを体験したうえで、
清掃という仕事の奥深さ、日があたらない場所で真摯に働く職員の姿、
歌舞伎町や新宿二丁目のごみ事情、民間委託の問題点、
そして本来の地方自治のあり方について論じる。



<目次>

プロローグ 現場主義を貫く
1 9カ月間の清掃現場体験
2 本書の視点と成り立ち


第1章 初めてのごみ収集
1 梅雨空のもとでの収集作業
2 新宿区の清掃行政


第2章 研究者が体験した収集現場
1 過酷な炎天下
2 新たな発見と年始の惨状
3 軽小型車での機動的収集
4 不燃ごみの収集と破袋選別
5 ごみから見える新宿二丁目
6 さまざまな現場と向き合う


第3章 多様な仕事
1 収集を支える
2 歌舞伎町界隈での奮闘
3 女性の活躍
4 ふれあい指導
5 環境学習の現場
6 苦情対応と巡回の現場
7 檜舞台の裏で


第4章 委託の現場
1 委託の仕組み
2 雇上・車付雇上のホンネ
3 委託化の問題点
4 委託化に対する住民の選択権


第5章 清掃行政の展望
1 自治体の行政改革と委託化の進行
2 清掃職員が創造している価値
3 これからの清掃事業
4 現業職員と地方自治の活性化
5 公共サービス提供への示唆




<編著者プロフィール>

藤井誠一郎
1970年生まれ、大東文化大学法学部准教授。専門:地方自治、行政学、行政苦情救済。 主著 『住民参加の現場と理論――鞆の浦、景観の未来』(公人社、2013年)、『行政学 第2版(共著、弘文堂、2016年)


<書評>


  
 

コモンズのホームページトップへ戻る