カタツムリの
知恵と脱成長

――貧しさと豊かさについての
変奏曲


中野佳裕
A5判/152ページ/本体1400円+税
2017年12月

ISBN 978-4-86187-142-9

コモンズで本を買う
 
注文数
 
アマゾンで本を買う

「大きな家(=殻)を欲しがったちびカタツムリはその願いを実現しました。
でも、まわりにエサがなくなったとき、殻が重すぎて仲間たちのように動けず、
やがて餓死してしまったのです。
過剰な成長を求める人間は大丈夫でしょうか?」

ホンモノの豊かを構想するための「思考の物差し」の提供を目指す作品。
現代思想の最先端を取り込みつつ、わかりやすく論じる。
大学や市民勉強会のテキストに最適。




<目次>
プロローグ 世界をケアするために
第1章 カタツムリの知恵と脱成長
第2章 〈貧しさ〉を問い直す マジード・ラーネマの思想を訪ねて
第3章 精神の地域主義 セルジュ・ラトゥーシュの思想との出会い
第4章 生まれてくる生命を支える社会を創る
エピローグ そしてスイミーになる And Becoming Swimmy  



<著者プロフィール>

中野佳裕(なかの よしひろ)
PhD(英国サセックス大学)。専門は社会哲学、開発学、平和研究。国際基督教大学社会科学研究所非常勤助手、同大学教養学部非常勤講師、明治学院大学国際平和研究所研究員、上智大学グローバルコンサーン研究所客員研究員を兼任。NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)アドヴァイザリー委員。大学では開発学、平和学、国際政治経済学分野の講義を担当。共編著に『21世紀の豊かさ──経済を変え、真の民主主義を創るために』(コモンズ、2016年)、共著に『21世紀の左派――北と南の対話へ向けて』(ジャン=ルイ・ラヴィル、ホセ・ルイス・コラッジオ編、スペイン語、2014年/フランス語、2016年)、『脱成長の道──分かち合いの社会を創る』(勝俣誠、マルク・アンベール編著、コモンズ、2011年)など。訳書にセルジュ・ラトゥーシュ著『〈脱成長〉は、世界を変えられるか?――贈与・幸福・自律の新たな社会へ』(作品社、2013年)、ジャン=ルイ・ラヴィル編『連帯経済――その国際的射程』(北島健一・鈴木岳との共訳、生活書院、2012年)セルジュ・ラトゥーシュ著『経済成長なき社会発展は可能か?――〈脱成長〉と〈ポスト開発〉の経済学』(作品社、2010年)など。詳細はウェブ研究室まで。


<書評>

 世界一大きなうち=殻を得た「ちびカタツムリ」が崩壊してしまう物語を入り 口に、消費社会のグローバル化に伴う現代世界の危機に迫った。「貧しさ」の意 味を問い直したイランの思想家ラーネマらの研究を読み解く。社会哲学者である 著者の経験も踏まえた、脱成長論への親しみやすい道案内だ。
『毎日新聞』(夕刊、2017年12月26日)


  
 

コモンズのホームページトップへ戻る