日本の水道をどうする!?(内田聖子編著)

内田聖子 [編著]
四六版/252ページ/本体1700円+税
978-4-86187-159-7/2019年8月

2018年12月に水道法が改正され、民営化が進められようとしている。
一方ヨーロッパ諸国は民営化の誤りに気づき、再公営化がトレンドだ。
PFI法改正を含めて世界と逆行する日本の政策をわかりやすく解説し、
自治体行政の最新の動向を紹介。
いのちを支える水をどうしていけばよいのかを考える。
目次

はじめに 

第1章 世界の水道民営化の30年――「人権としての水」を確立してきた国際市民社会の闘い 内田聖子
1 古くて新しい問題
2 途上国に広がった民営化――1990年代の失敗の連鎖
3 民営化の転換と市民社会の攻防――2000年代の変化
4 人権としての水か、新たな民営化か――2010年代の攻防
5 水は自治の基本である

第2章 公共サービスの再公営化が世界のトレンド 岸本聡子
1 民営化は失敗だった●パリ市(フランス)
2 市民参画を求める再公有化運動●バルセロナ市(スペイン)
3 鉛汚染との闘い●ピッツバーグ市(米国)
4 裁判で勝ち取った公営化●ミズ―ラ市(米国)
5 民営化と再公営化のせめぎあい●ジャカルタ市(インドネシア)

第3章 世界と逆行する日本の政策 
1 徹底解剖水道法&PFI法 内田聖子

  一 水道法の改正で何が起きるのか 
  二 PFI法の概要と問題点
  三 日本の水道民営化の意図
2 水道法改正前後の動きと「みんなの公共水道」への模索 辻谷貴文

第4章 民営化が懸念される自治体
1 結論ありきの「コンセッション導入可能性調査」●浜松市 竹内康人
2 水道民営化に反対する市民たち●浜松市 池谷たか子
3 県民不在の「みやぎ方式」●宮城県 工藤昭彦 

第5章 「公共の水」をどう維持し、発展させるか 
1 民営化を阻止できた理由●大阪市 武田かおり

  一 大阪市の水道事業「カイカク」の変遷
  二 STOP!水道民営化――市民側のうごき
  三 広域化はうまくいくのか――問題が多い一部事務組合
  四 公共サービスのあるべき姿を求めて
2 広域化で経営を改善し、職員は確保●岩手中部水道企業団 菊池明敏
3 公営水道の再構築――公公連携、公民連携、住民参画、流域連携 近藤夏樹

  一 水道法の変質
  二 地方公営企業から失われていく人材
  三 民営化・広域化は人材確保・技術力低下に対応できるのか

エピローグ      
 水は自治の基本――未来の公共サービスを創るために 橋本淳司

あとがき 

編著者プロフィール

内田聖子(うちだ・しょうこ)
1970年生まれ。大分県別府市出身。
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表。
出版社勤務などを経て2001年よりPARCに勤務。TPPなどのメガFTAやWTOなどの自由貿易・投資協定のウォッチと調査、提言活動、市民キャンペーンなどを海外の市民社会団体とともに行う。世界各地でこれまで「人権・自治・公共財としての水」を取り戻すための運動が重ねられてきた。「遅れてきた民営化の波」に直面する日本の私たちは、そこから学び、その運動に参加していく必要がある。
共著『TAGの正体――農業も自動車も守れない日米貿易協定』(農山漁村文化協会、2018年)、『自由貿易は私たちを幸せにするのか?』(コモンズ、2017年)『TPP・FTAと公共政策の変質―― 問われる国民主権、地方自治、公共サービス』(自治体研究社、2017年)、『非戦・対話・NGO――国境を越え、世代を受け継ぐ私たちの歩み』(新評論、2017年)、『徹底解剖国家戦略特区―― 私たちの暮らしはどうなる?』(コモンズ、2014年)など。