コモンズは、環境・アジア・農・食・自治などをテーマに暮らしを見直す、わかりやすく質の高いメッセージを伝える新しい出版社です。
 
コモンズのホームページトップへ戻る
ご注文のご案内のページへ
コモンズオンラインのトップへ戻る 既刊本のご案内のページへ より道のページへ
 

7月7日(土)
 あなたのまちの議会と政治そのままでいいの!?
『清流に殉じた漁協組合長』出版記念イベントPart2

日本の地方自治は住民が首長と議会を直接選挙によってそれぞれ選ぶ二元代表制で、 首長と議会が役割分担して住民生活の向上に努める仕組みになっています。 しかし、その実態はどうでしょうか。

住民に寄り添わない行政をすすめる首長と働かない議会がごく普通となっています。 住んでいるまちの政治や行政に不満がないという人は、どれくらいいるでしょうか?

このイベントでは、住民本位の自治体運営や 議会活動で高く評価されている実践者にお話をうかがい、 パネルディスカッションや会場との意見交換を行うことで、 誰にとっても暮らしやすい地域社会をつくり出すにはどうしたらよいかを 明らかにしていきます。


▶ 2018年7月7日(土)14:00~17:00(開場13:30)

▶ 会場:在日本韓国YMCAアジア青少年センター9F
(JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分)
アクセス:http://www.ayc0208.org/hotel/jp/access-access.html


▶ 参加費500円

▶ 登壇者プロフィール


寺島渉 (てらしま・わたる)
1949年生まれ。立命館大学法学部を卒業後、 37歳で郷里・長野県旧牟礼村(現・飯綱町)の村議に。 2009年から飯綱町議会の議長となり、 「議会サポーター制」などの議会改革を推進し、 本来の機能を果たす地方議会を実現させた。 こうした実績が高く評価され、第12回マニフェスト大賞グランプリを受賞。 昨年10月に地方議員生活に終止符をうち、 現在、飯綱町で「地域政策塾」を主宰している。

山中光茂(やまなか・みつしげ)
1976年生まれ。慶応義塾大学法学部を卒業後、群馬大学医学部に編入学。同大学卒業直後 からアフリカなどで途上国支援を続け、2009年に33歳で三重県松阪市の市長となる。 住民主体の地域づくりに全力をあげ、第5回マニフェスト大賞グランプリを受賞するなど 高く評価される。2015年に市長を辞任し、現在は都内でクリニックの院長を務めている。

相川俊英(あいかわ・としひで)
地方自治ジャーナリスト、『清流に殉じた漁協組合長』著者


▶ お申し込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ec53eb6b554112
上記のリンクからお申込みいただくか事務局までメール・電話などでお申込みください。

[事務局]
コモンズ
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-16-15 レックス西早稲田503
TEL:03-6265-9617
FAX:03-6265-9618
info@commonsonline.co.jp

チラシ

What's New
雑誌原稿など
イベント情報
コモンズ通信

 
会社案内  スタッフ紹介  メールでのお問い合わせ