ケータイの裏側 

吉田里織・石川一喜ほか
本体1700円+税/四六判/224ページ

誰もが使うケータイ。それはハイテクの結晶だけど、
原材料も回収や廃棄後のゆくえも、よく知られていない。
人間関係への影響、多額を費やす広告戦略、電磁波…
気になることがいっぱい。ケータイのすべてを徹底取材した初めての本。

コモンズで本を買う
 
注文数
 
アマゾンで本を買う
 

< 目次 >

はじめに

第1章 ケータイ社会への(いい加減な)不服従

    1 古典的ユートピアを出て
    2 使わない人がいる多様性
    3 山の暮らしの可能性
    4 減速のための使いこなし

第2章 ケータイなしでは生きていけない!?

    1 車内の三割から半数がケータイを操作 
    2 ケータイの誕生と普及 
    3 高校生のケータイ事情を徹底解剖
    4 ケータイとともに生きている生徒
    5 ケータイから起きるトラブル 

     6 「ケータイなしでは生きていけない」のは誰か

3章 ケータイの向こうに世界が見える

    1 ケータイの構    
    2 老舗のワザなくして、ケータイはあらず

    3 約六割は「日系」ケータイ
    4 ケータイは宝の山 
    5 つながるのは友人じゃなくて紛争!? 
    6 ケータイはどこへいく 

第4章 ケータイ汚染と廃ケータイの行方

    1 毎年約六五〇万台が廃棄されている!?
    2 日本のケータイ・リサイクルの現状
    3 廃ケータイが汚染する中国の環境と人びとの健康 
    4 廃ケータイの汚染防止に向けた取り組み 

第5章 ケータイと若者の恋愛・社会参加との奇妙な関係

    1 ケータイは電話ではない 
    2 若者とケータイのマッチング 
    3 ケータイ・インターネットとパソコンを媒体とするインターネット 
    4 若者の社会的・政治的行動と政治意識 
    5 人間関係と社会的・政治的行動 
    6 個人を社会へつなげるメディア 

第6章 本当に恐いケータイの電磁波

    1 明らかになってきたケータイの危険性 
    2 ケータイの長期使用で脳腫瘍が増えている 
    3 各社の安全宣言は信用できるのか? 
    4 健康へのさまざまな影響
    5 危険を減らすケータイの使い方 

第7章 ケータイの広告戦略

    1 携帯電話の広告は、こうして始まった 
    2 広告も激戦市場へ

    3 携帯広告百花繚乱
    4 “ケータイ”元年 
    5 二一世紀の携帯電話広告 

第8章 ケータイを教える、ケータイから考える

    1 「ケータイしまって!」から「ケータイ出して」へ
    2 身近なケータイ 
    3 ケータイができるまで
    4 教材としてのケータイの意義

あとがき


『自然と人間』(08年5月号)、『ガバナンス』(08年5月号)、『ふぇみん』(08年6月5日号)、『出版ニュース』(08年6月中旬号)、『しんぶん赤旗』(08年7月27日)、『月刊消費者』(08年9月号)で紹介されました。