農力検定テキスト


金子美登・塩見直紀ほか著
都市生活者の農力向上委員会 監修
B5判/114ページ
本体価格1700円+税
2012年7月

ISBN: 978-4861870934


コモンズで本を買う
 
注文数
 
アマゾンで本を買う



都市生活者には、もっと「農力」が必要だ!

都市で急速に農への関心が深まっています。一説では、市民農園愛好者は二〇〇万人です。
格差が広がり、グローバリゼーションが加速されるなかで、持続可能な社会をどう創りだしていけるのか。
その第一歩は、誰もが耕すことから始まります。
この本はこれから始める農力検定に向けてのテキストであり、一からわかる、農薬や化学肥料に依存しない野菜作りの指南書です。



<目次>

プロローグ いまなぜ農力検定なのか 都市生活者の農力向上委員会

第1章 キッチン農力検定 ベターホーム協会

第2章 ベランダ農力検定 竹本亮太郎

第3章 市民農園農力検定 新田穂高

第4章 半農半X的農力検定 塩見直紀

第5章 有機自給農力検定 金子美登

第6章 コミュニティ式農力検定 大和田順子

第7章 サバイバル農力検定 吉田太郎

エピローグ 本当の豊かさと幸せを取り戻そう 金子美登


農力検定模擬テスト 基礎編

あとがき



<執筆者紹介>


ベターホーム協会(第1章

1963年創立。「日本の家庭料理の継承」と「心豊かな質の高い暮らし」をめざし、料理教室の開催や出版活動を行う。食料自給率アップをめざした「食べもの大切運動」も提唱し、その一貫として『今日から育てるキッチン菜園読本』を2009年、『キッチン菜園ノート』を2011年に、それぞれ発行した。

竹本亮太郎(第2章)
1982年生まれ。株式会社キュアリンクゼネラルマネージャー、いろは庭苑事務所代表。

新田穂高(第3章)
1963年生まれ。フリーライター。主著=『今から始める自転車生活』(山と渓谷社、2004年)、『楽しいぞ!ひと昔前の暮らしかた』(岩波書店、2005年)、『家族で楽しむ自給自足』(文化出版局、2006年)、『自転車で行こう』(岩波書店、2011年)。

塩見直紀(第4章)
1965年生まれ。半農半X研究所代表。主著=『綾部発 半農半Xな人生の歩き方88――自分探しの時代を生きるためのメッセージ』(遊タイム出版、2007年)、『半農半Xの種を播く――やりたい仕事も、農ある暮らしも』(共編著、コモンズ、2007年)、『自給再考――グローバリゼーションの次は何か』(共著、農山漁村文化協会、2008年)、『半農半Xという生き方実践編』(半農半Xパブリッシング、2012年)。

金子美登(第5章、エピローグ)
1948年生まれ。霜里農場主宰、全国有機農業推進協議会代表。主著=『イラストでわかる有機自給菜園』(家の光協会、2010年)、『有機農業の技術と考え方』(共編著、コモンズ、2010年)、『有機・無農薬でできる野菜づくり大事典』(成美堂出版、2012年)、『新版 絵とき金子さんちの有機家庭菜園』(家の光協会、2012年)。

大和田順子(第6章)
サステナブルコミュニティ・プロデューサー、一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表。主著=『ロハスビジネス』(共著、朝日新書、2008年)、『アグリ・コミュニティビジネス――農山村力×交流力でつむぐ幸せな社会』(学芸出版社、2011年)、『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン――関わり、つくり、巻き込もう』(共著、フィルムアート社、2012年)

吉田太郎(第7章)
1961年生まれ。地方自治体職員。主著=『有機農業が国を変えた――小さなキューバの大きな実験』(コモンズ、2002年)、『「没落先進国」キューバを日本が手本にしたいわけ』(築地書館、2009年)、『知らなきゃヤバイ!“食料自給率40%”が意味する日本の危機』(日刊工業新聞社、2010年)、『「防災大国」キューバに世界が注目するわけ』(共著、築地書館、2011年)

西村ユタカ(コラム)
1960年生まれ。持続可能な生活を考える会主宰、都市生活者の農力向上委員会代表理事。

一般社団法人都市生活者の農力向上委員会(監修)
〒145-0062 東京都大田区北千束3−11−11持続可能な生活を考える会内
公式サイト http://www.reculti.org/



<書評>



『日本経済新聞』(12年8月22日)、日本農業新聞』(12年7月29日)、『マイECO』(毎日新聞社、12年8月号)、『食べもの文化』(12年10月号)、『ガバナンス』12年8月号、『ふぇみん』(12年9月25日)紹介されました。