コモンズは、環境・アジア・農・食・自治などをテーマに暮らしを見直す、わかりやすく質の高いメッセージを伝える新しい出版社です。
 
コモンズのホームページトップへ戻る
ご注文のご案内のページへ
コモンズオンラインのトップへ戻る 既刊本のご案内のページへ より道のページへ
 
コモンズ過去のBEST5
【有機農業選書】
【有機農業選書6】
農と言える日本人――福島発・農業の復興へ
野中昌法
四六判/184ページ/本体1800円+税
3.11以降の約1000日で250回以上も福島を訪れ、
農家に寄り添って復興を支えてきた著者・渾身の書き下ろし!
農家に学び、共に考え、再生への道を切り開く


【有機農業選書5】
地域自給のネットワーク
井口隆史・桝潟俊子編著
四六判/272ページ/本体2200円+税

TPPを乗り越える「強い農業」とは、地産地消と有機農業
地域資源を活かした中山間地の豊かな取組み=地域自給が明日を拓く


【有機農業選書4】
食べものとエネルギーの自産自消――3.11後の持続可能な生き方

長谷川浩
四六判/168ページ/本体1800円+税

3.11で、食料もエネルギーも自給できない都市の脆さが露わになった。
石油生産はまもなくピークを迎える。石油依存の食料生産と長距離輸送が
行き詰まれば、食料の6割を海外に頼っている日本は食料危機が避けられない。
唯一の解決策は、“自産自消”=市民自らが食べものを有機栽培で
生産・消費し、エネルギーも自分の手でまかなうことだ。
自ら実践する著者が持続可能な生き方を提案する。

■【有機農業選書3】
ぼくが百姓になった理由
〈わけ〉――山村でめざす自給知足

浅見彰宏
四六判/320ページ/本体1900円+税

元エリートビジネスマンが、過剰消費社会に疑問をもち一念発起!
脱サラ・農家での農業修行を経て、会津の山村へ移住して16年。
有機農業(稲作、野菜、採卵鶏)で自立し、江戸時代から続く水路を守り、
地域社会の担い手として活躍する社会派農民の書き下ろしエッセイ。


【有機農業選書2】
有機農業政策と農の再生――新たな農本の地平へ
中島紀一
四六判/224ページ/本体1800円+税
ISBN-13: 978-4861870804
21世紀は有機農業の時代!
震災復興は第一次産業の再生から始めよう!
農政の転換や有機農業推進政策を詳述し、農を社会の基本に据えた「農本」の地平を描く。

人と人のつながりを大切にする暮らしは、日本がめざす方向をはっきり示唆している

■【有機農業選書1】
地産地消と学校給食―有機農業と食育のまちづくり
安井孝
10年3月/四六判/200ページ/本体1800円+税
ISBN-10: 4861870704
ISBN-13: 978-4861870705

学校給食から始まり、有機農業や食育を柱としたまちづくりで全国の注目を集める今治市。その政策の全容と活発な市民活動、いきいきと育つ子どもたち、有機農業が生み出すビジネスや福祉を紹介。
 


五十音順
暮らしを見直す
アジアを知る・歩く
シリーズ安全な暮らしを創る
 
会社案内  スタッフ紹介  メールでのお問い合わせ