新刊

オリンピックの終わりの始まり

谷口源太郎
46版/224ページ/予価=本体1700円+税
商業主義とナショナリズムに翻弄されるオリンピック
なぜ酷暑の8月に東京で?
ボランティアという名目の動員、無批判のメディア……
あまりに多すぎる問題点を近代オリンピックに精通した
ベテランスポーツ評論家が抉り出す […]

新刊

沖縄の米軍基地を「本土」で引き取る!――市民からの提案

「沖縄の米軍基地を『本土』で引き取る!」編集委員会編
本体900円+税
本土と沖縄はあまりに異常な不平等な関係にある。辺野古の海への土砂投入は民主主義と自治の破壊にほかならない。基地の引き取りを求める沖縄の人びとの声に私たちは応え、移設候補地は国民全体で議論するべきではないか。 […]

既刊 2018

清流に殉じた漁協組合長

相川俊英
本体1600円+税
山形県が建設を進める最上小国川ダムに反対していた小国川漁協の組合長が2011年2月、県との打ち合わせ日の未明に […]