有機農業という最高の仕事――食べものも、家も、地域も、つくります〈有機農業選書8〉

関塚学
46判/236ページ/本体価格 本体1700円+税
2019年2月/SBN978-4-86187-157-3 C0036


有機農業で生きていきたいという夢を実現し、経営的にも成功し、
素敵な家をハーフビルドで建て、地元住民と仲良く地域おこし。
全国の若手有機農業者のリーダーが、仕事・暮らし・さまざまな自給、
そして「最高の人生の選択」を書き下ろし。生き方に迷う若者の指南書

 

目次


プロローグ 生き方・哲学としての有機農業


第1章 有機農業は面白い


1 有機農業との出会い
2 念願の新規就農
3 楽しい有機農家の日々
4 IT時代の有機農業経営論 

第2章 有機農家の農産加工は楽しくて美味しい

1 農産加工は楽しい
2 美味しい農産加工品のつくり方
(1)漬け物  (2)米味噌  (3)納豆  (4)麹  (5)日本酒
(6)ビール  (7)ワイン  (8)焼酎 (9)醤油
3 これから取り組みたい農産加工

第3章 自分たちで建てた土壁の家

1 ハーフビルドは難しくない
2 幸福を生む住まい
3 憧れの竹小舞下地の土壁の家

第4章 あらゆる自然エネルギーを取り入れる

1 エネルギーだって、なるべく自給したい
2 薪と炭を使いこなす
3 電気や石油の消費量を減らす
4 これから取り組みたい自然エネルギー

第5章 ちょっとしたコツで健康に暮らす

1 健康に生きるための工夫
2 健康になるための食べ方
3 体を整える

第6章 イノシシ・シカ・サル・ハクビシンと格闘

1 獣害対策しながら営農
2 獣害が広がる理由と採るべき対策
3 地域ぐるみの獣害対策
4 田畑を獣害から自分で防ぐ方法

第7章 日本酒とワインと地域おこし

1 あきやま有機農村未来塾をつくる
2 酒米を有機栽培して地酒をつくる
3 ヤマブドウで夢の国産無農薬ワインをつくろう
4 自家用のお茶の木で茶摘みイベント
5 空き家をお試し住宅に

第8章 農で自立して生きていくための極意

1 やる気とパートナーと資金
2 新規就農で成功するポイント
3 現代ほど有機的な暮らしが実現できる時代はない

著者プロフィール

関塚学(せきづか・まなぶ)
1973 年、埼玉県生まれ。大学卒業後サラリーマンになるが、1 年で辞めてワーキングホリデーでオーストラリアへ。帰国後、有機農業を志し、研修を経て、2002 年に栃木県佐野市秋山地区に新規就農。現在の経営規模は田108a、畑104a、平飼い養鶏300 羽。野菜は年間60種類を栽培。日本有機農業研究会理事、あきやま有機農村未来塾事務局長。

 

書評

 

書評オープン

本書は、どこにでもいる青年が地域のリーダーとして活躍し、「生まれ変わっても、もう一度有機農家になりたい」と語るまでを描いた「最高の仕事の物語」だ。
彼の仕事は、単に農業と化学肥料を使わずに米や野菜を作るだけではない。みそや納豆などを手作りするほか、土壁の家をハーフビルドしたり、自治体を巻き込んで獣害対策にも取り組む。「有機農業とは生き方であり、哲学である」と語る。お金や効率優先の生き方とは違った、持続可能な社会に貢献できる暮らしを実現している。

『ガバナンス』(2019年4月号)


『月刊クーヨン』(2019年6月号)、『全国農業新聞』(2019年5月10日)で紹介されました。