失敗のインドネシア──民主化・改革はついえたのか

インドネシア民主化支援ネットワーク(ニンジャ) 編
A5判/130ページ/本体800円+税
2003年6月/ISBN 978-4906640973

□□□□◇□□□□◆□□□□◇□□□□◆□□□□◇□□□□◆□□□□◇□□□□◆

目次

■エリート政治は変わらない/村井吉敬
■国軍「改革」はおこなわれたのか/佐伯奈津子
■スハルト以後のイスラームはどうなっているのか/小林寧子
■援助と紛争──カリマンタンを事例として/長瀬理英
■スハルト体制の遺産──各地の戦争・紛争
  アチェ──和平を望まない国軍/佐伯奈津子
  パプア──モーニング・スター旗に託した独立への思い/津留歴子
  マルク──特殊部隊が暗躍する「宗教」紛争/笹岡正俊
  ポソ──求められる紛争構造の解明/久保康之
  カリマンタン──開発がもたらした「民族」紛争/村井吉敬
  東ティモール──日本が荷担した侵略/高橋茂人

書評

書評オープン


『月刊オルタ』(03年7月号)で紹介されました。